トレポン(PTW)専門ショップ -MOVE- 錦糸町 SYSTEMA Professional Training Weapon Custom Shop 



SYSTEMA PTW89 限定モデル MOVE Original Complete Custom

>>PTW89 限定モデル オンラインご予約はこちらから<<

 日本国行政機関で使用される89式5.56mm小銃は日本人の体格に合わせて設計されており、非常に使い易いサイズとなっています。そんな89式5.56mm小銃のファン、あるいは陸上自衛隊をはじめとした自衛隊ファンの方など各方面から、通常被筒のPTW89が欲しいというリクエストを日々頂いておりました。SYSTEMA PTW89はこれまで培われてきた技術を昇華し作られたトレーニングウェポンです。堅牢な作り、高い命中精度、実射性能と圧倒的ポテンシャルを秘めています。標準で拡張性の高いM-LOKハンドガードを備えています。そんな中、お客様からあえて標準被筒(ハンドガード)、二脚(バイポッド)を装備、「89式」の刻印を施したしたノーマルのPTW89が欲しいというご要望がありました。MOVEではお客様の声にお応えすべくオリジナルカスタムとして試行錯誤を重ねてきました。SYSTEMA PTW89に恥じない精巧かつ高品質な標準被筒、美しい刻印を目指し、この度ようやくお客様のご要望にお応えするSYSTEMA PTW89 限定モデル MOVE Original Complete Custom 日本国行政機関仕様が完成しました。


 刻印はMOVEで一つ一つレーザーによる刻印を行っています。刻印の大きさや深さまでいかに美しく再現できるか納得のいくまでテストを繰り返し、SYSTEMA PTW89 限定モデルに恥じない刻印に仕上げました。また本体は米国NIC社製CERAKOTEによる堅牢な塗装で、これも実物の風合いにいかに近づけるか何度も調色、テストショットを繰り返しました。



 ご要望が多かった標準被筒(ハンドガード)です。精巧、かつ高品質な仕上がりで、MOVEの職人が一つ一つ手作業で仕上げています。ハンドガードは取り外しが可能で、必要に応じてSYSTEMA純正M-LOKハンドガードへ付け替えることが出来ます(※1)。二脚(バイポッド)も実物の風合いに近づけるよう米国NIC社製CERAKOTEを施しています。アウターバレルに挟み込んで使用します。
(※1)ハンドガード付け替えには六角レンチと簡単なテクニックが必要です。店頭で専門スタッフによるレクチャーを行います。



 特徴的なセレクター周りもレーザー刻印で掘り下げ、白墨入れを一つ一つ丁寧に手作業で行っています。「ア」「タ」「レ」「3」の字体、彫の深さもあらゆる角度から検討を重ねよりお客様にご満足いただける仕上がりとなっています。



 PTW89のギヤボックスとM4系のメカボックスの比較です。PTW89のギヤボックスはM4系に比べて大型になっています。PTW89のギヤボックスの中にはプラネタリーギヤユニットの他、S.E.C.U(SYSTEMA ELECTORICAL CONTROL UNIT)と呼ばれるコントロールユニット、セレクター位置を検出するセレクタースイッチ基板、スイッチ基板の3つのコントロール基盤が内蔵されています。



 PTW89のギヤボックスを展開した状態です。隙間なくプラネタリーギヤユニットや基盤が配置されています。この他に各コントロールユニットをつなぐコントロールケーブルがギヤボックス外を回り込み接続されるので、M4系と比べるとPTW89のギヤボックスの分解、組み立ては難易度が高くなっています。



こちらのページは加筆してまいります。ぜひご覧ください。



アクセス

〒130-0014
東京都墨田区亀沢4-15-11
TEL:03-6751-8678

<営業時間>
火~土:13:00~22:00
日 曜:13:00~20:00
定休日:月曜日(祝日は営業)

イベント
1月の定例会は未定となっております。

Google MAP

↑ PAGE TOP